インプラントとは

インプラントの種類

インプラントをお考えの患者様

インプラント Q&A

CTとは

歯科用CTと医科用CTの違い

歯科用CTとインプラント治療

歯科用CTとその他の歯科治療

CT検査設備を備える歯科医院
のご紹介

CT Q&A

リンク

サイトマップ

プライバシーポリシー

CTをご活用の先生へ




TOPページ >>CTとは

CTとは


CT(ComputedTomography, )とは放射線などを利用して物体を走査し、断層撮影してコンピュータ処理することで、物体の内部画像を構成する技術・機器のことである。
広い意味での『CT』は、ポジトロン断層法 (PET)や単一光子放射断層撮影(SPECT)、や核磁気共鳴画像法(MRI) などという、コンピュータを用いて断面像を得る各種検査法の総称です。
「断層撮影」の名前のとおり、本来は物体の(輪切りなどの)断面画像を得る技術ですが、これらの検査技術は単に断面画像として用いられるのみでなく、画像処理技術向上によって3次元グラフィックスとして表示されることが多く、必ずしも「断面」に限定して用いる検査方法ではなくなってきております。
これら広義の『CT』のうち最初に実用化されたのはX線CTであり、単に『CT』と言った場合にはほぼX線を利用したCTのことを指します。
医科の分野においては、様々な場面で聞く診断法ですが、開発されたのは1970年代初頭です。近頃では、目覚しい進歩を遂げて今ではマルチスライスCTが活躍しています。

インプラント治療前CT診断
COPYRIGHT© 2008 インプラント治療前CT診断 ALL RIGHTS RESERVED